環境分析の技術

環境分析のフレームワークとしてPEST分析、3C分析、SWOT分析は常識だそうである。以下にまとめてみた。

PEST分析
Politics(政治・法律関連要因)
政治の動向、法律や官庁の通達、業界団体の内規などの状況や変化。 (例)国政選挙、給付金、年金問題、新規参入条件の緩和など
Economic(経済的要因)
インフレやデフレ、景気動向、為替・金利などの状況 (例)少子高齢化による消費構造の変化
地球温暖化対策の必要性など
Social(社会・文化的要因)
人口統計、世論、ライフスタイルの変化など (例)少子化による消費構造の変化、地球温暖化対策の必要性など
Technology(技術的要因)
技術革新などの状況 (例)ネットワーク・モバイル端末などの高性能化
省エネ・CO2削減技術の進歩など

分析のポイントは、単なる事実をまとめるだけでなく、その事実が自社の戦略課題にどのような影響を与えるかを考えながら分析すること。

3C分析
顧客、競合、自社の3つの観点で分析する。
顧客(Custmer)
顧客ニーズの明確化 ターゲット顧客の絞込み
市場構造変化の分析
競合(Comperitor)
ライバル企業の明確化 戦略分析(強み・弱み)
差別化ポイントの分析
自社(Company)
経営資源の(強み・弱み)の分析 経営状況(業績など)の分析
ビジョン・バリュー・戦略との連動性

SWOT分析
自社についての強み(Strength)と弱み(Weakness)を把握し、外部要因の強みである機会(Opportunity)と弱みである脅威(Threat)の計4つで分析する。

自社の強み弱みとしては、ブランド力、顧客サービス、販売チャネル、調達力、技術力、特許保護、開発力、企業風土、財務体質などがある。

機会・脅威となるものには、市場構造の変化、顧客ニーズの変化、技術の変化、社会構造の変化、法規制の動向、競合他社の動向、海外企業の動向などがある。

トラックバック

トラックバックURL:
http://www.apricot-jp.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/417

関連情報

Copyright(C) 2007 アーキテクト360 Allrights reserved.