格助詞の「が」はなるべく使わないほうがよい

日本語の作文技術 (朝日文庫)によると格助詞の「が」は、なるべく使わないほうがよいと述べられている。格助詞の「が」とは、次のような文章の「が」である。
悪意のあるユーザからの攻撃を防ぐことができないということですが、必ずしも機器設置のためのコストが発生するわけではありません。
この「が」には、「しかし」や「けれども」のような逆接の意味はなく、一時的に文章が脱線することになり、全体の意味が分かりにくくする。ということで、拙者は必要最低限に使うようにしている。

トラックバック

トラックバックURL:
http://www.apricot-jp.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/408

関連情報

Copyright(C) 2007 アーキテクト360 Allrights reserved.