NAntを使ってデイリービルド環境を構築する

NAntを使ってVisual Studio 2005のソリューションをデイリービルド環境を構築する手順をまとめた。具体的に自動化した内容は次のとおり。
  1. Visual Source Safe(VSS)から最新のファイルを取得する
  2. ソリューションをビルドする
  3. NUnitを実行する
使用した環境はNAnt0.85、NAntContrib0.85、Visual Studio 2005、VSS 2005、NUnit2.4.3である。

インストール方法
まず、NAnt0.85、NAntContrib0.85をダウンロードし適当なフォルダに展開する。次に、環境変数PATHにNAntのbinフォルダへのパスを追加する。次に、NAntのbinフォルダに、NAntContribのbinフォルダ内のファイルをすべてコピーする。NAntContribライブラリは、NAntから利用する便利なツール群である。

次に自動化した作業を順に説明する。
1)Source Safeから最新のファイルを作業フォルダにチェックアウトする
この部分は、文末のupdateターゲットの部分である。VSSのDBへのパス、プロジェクト名、ユーザ名、パスワードおよび作業フォルダを指定しておくと最新のソースコードが取得できる。
2)ソリューションをビルドする
ここでひとつ細工が必要。NAnt0.85は.NET Framework2.0には対応しているが、Visual Studio 2005のソリューションファイルには対応していない。このためビルドだけMSBuildを呼び出して実行する。MSBuildとはVisual Studioに標準で付属しているビルドツールである。そのビルドファイルの設定は文末のビルドファイルのbuildターゲットの部分である。この設定はビルドファイルはソリューションファイル(sln)と同じフォルダにあることを前提としている。
3)NUnitを実行する
NUnitを実行する部分は、runUnitTestsターゲット部分である。この例では、テストを実行するアセンブリ名が*Test.dllであるとして、すべてのテストケースを実行し、結果をXMLファイルに出力している。HTML形式で出力する場合は、次のようにformatterを変更する。
4)コマンドプロンプトから次のコマンド実行すると、デフォルトではmianターゲットが実行されるので、update、build、runUnitTestが順に実行される。
nant -buildfile:default.build

トラックバック

トラックバックURL:
http://www.apricot-jp.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/312

関連情報

Copyright(C) 2007 アーキテクト360 Allrights reserved.