分散トランザクション(MSDTC)の実行を確認する方法

.NET Framework2.0からコードをTransactionScopeを使って囲むと、MSDTCにより自動的にトランザクションとして処理される。しかし、本当にトランザクションがかかっているのかをどのように確認したらよいのだろうと調べていたところ、Windows XPの場合は、管理ツールにあるサービスコンポーネントで確認できることがわかった。Vistaの場合は、ファイル名を指定して実行で「%SystemRoot%\System32\dcomcnfg」と入力して起動する。
ツリーを展開し、コンソールルートーコンポーネントサービスーコンピューターマイコンピューター分散トランザクションコーディネータートランザクションの統計画面を開く。トランザクションが実際に開始されコミットされると、集計内のコミットや合計の値が増加する。


トラックバック

トラックバックURL:
http://www.apricot-jp.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/413

関連情報

Copyright(C) 2007 アーキテクト360 Allrights reserved.