IIS7 IIS7.5 「ファイルの存在を確認する」チェックボックスは?

筆者は、ASP.NET MVCのWebアプリケーションを作っており、ある拡張子の要求をカスタムHTTPハンドラで処理させている。その拡張子は実際に存在する物理ファイルの拡張子ではなく、仮想の拡張子である。
IIS6では、Webサイトのプロパティでマッピングを追加する際、[アプリケーションの拡張子マッピングの追加/編集] ダイアログボックスの[ファイルの存在を確認する] チェック ボックスをオフにすることで、仮想ファイルの要求を受け取ることができた。IIS7およびIIS7.5 では、[ハンドラー マッピング] をダブルクリックして[スクリプト マップの追加] し、要求の制限ボタンを押した後に表示される[要求の制限]ダイアログボックスのマップタブが、同じ設定画面に見える。しかし、「ファイルの存在を確認する」チェックボックスがなく、代わりに「要求のマップ先が次の場合のみハンドラを呼び出す」がある。選べるのは、ファイル、フォルダ、ファイルまたはフォルダしかないので、ファイルの存在自身をチェックしないということができない。

 いろいろ調べてみたところ、IIS7およびIIS7.5ではWeb.configで設定するようだ。
how to turn off "verify file exists" in IIS7

resourceTypeに"Unspecified"を指定することで、存在をチェックしないようになる。IISとASP.NETが統合されたということなんですね。

トラックバック

トラックバックURL:
http://www.apricot-jp.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/441

関連情報

Copyright(C) 2007 アーキテクト360 Allrights reserved.