usingで別名が付けられる

usingで名前空間を宣言することで、プログラム中では名前空間を省略ができるが、クラス名まで宣言することができない。その場合は長いクラス名や内部クラス名に別名をつけることができる。
ウィザードでデータセットを作った場合などは、xxxxDataAdapterやxxxxxDataTableといった長い名前のクラスが出来上がってしまうので、別名をつけるとコードの可読性が多少良くなる。

トラックバック

トラックバックURL:
http://www.apricot-jp.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/350

関連情報

・Microsoft JScript 実行時エラー:オブジェクトを指定してください。
・このログインで要求されたデータベースXXX を開けません。ログインに失敗しました。ASPNET はログインできません
・Logging Application Blockのトラブルシューティング
・IISのログ出力先
・このログインで要求されたデータベースXXX を開けません。ログインに失敗しました。ASPNET はログインできません
・C# 3.5 yieldの読み方
・ASP.NET サーバーサイドのイベント処理の順番
・ASP.NETのWebページでグーグルアドセンスを貼り付ける方法
・IIS メタベースにアクセスできませんでした
・VSSで管理されているプロジェクトは、ファイルの名前の変更や移動は極力行わない方が良い
・Oracle 9.2へOLE DB接続する方法
・単体テストのデータ
・この行は既に別のテーブルに属しています
・データベースのバージョンは 655 なので、開けません。
・証明書ストアでマニフェスト署名用の証明書が見つかりません。
・次のモジュールは最適化を有効にされて、またはデバッグ情報なしでビルドされました
・String.Concatメソッドを使った文字列の連結
・ファイルの存在をチェックする
・テキストファイルをロードし文字列を読み込むサンプル
・任意の数の引数を受け取るメソッド

Copyright(C) 2007 アーキテクト360 Allrights reserved.