メソッドの抽出の使い方

長すぎて読みにくいコードがあるときはメソッドの抽出を行うとよい。Visutal Studio2005以上なら、コードエディタ上でメソッドの抽出が行える。下記のサンプルコードは、if文である条件を判定しているが、長くて分かりくい。このとき、if文のカッコの中をすべて選択し、右クリック[リファクタ]-[メソッドの抽出]を選ぶと、メソッド名を入力するダイアログが表示されるので、処理の説明になるようなメソッド名を入力する。すると、カッコの中はメソッド名で置き換えられ、新しいメソッドが作成される。新しいメソッドの中身は、選択した部分が移行される。

長くて読みにくいコードがある。一目で何をしているのか分かりくい。

メソッドの抽出を実行する。


メソッド名の入力する。


メソッドを抽出した後のコード。

トラックバック

トラックバックURL:
http://www.apricot-jp.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/356

関連情報

・Microsoft JScript 実行時エラー:オブジェクトを指定してください。
・このログインで要求されたデータベースXXX を開けません。ログインに失敗しました。ASPNET はログインできません
・Logging Application Blockのトラブルシューティング
・IISのログ出力先
・このログインで要求されたデータベースXXX を開けません。ログインに失敗しました。ASPNET はログインできません
・C# 3.5 yieldの読み方
・ASP.NET サーバーサイドのイベント処理の順番
・ASP.NETのWebページでグーグルアドセンスを貼り付ける方法
・IIS メタベースにアクセスできませんでした
・VSSで管理されているプロジェクトは、ファイルの名前の変更や移動は極力行わない方が良い
・Oracle 9.2へOLE DB接続する方法
・単体テストのデータ
・この行は既に別のテーブルに属しています
・データベースのバージョンは 655 なので、開けません。
・証明書ストアでマニフェスト署名用の証明書が見つかりません。
・次のモジュールは最適化を有効にされて、またはデバッグ情報なしでビルドされました
・String.Concatメソッドを使った文字列の連結
・ファイルの存在をチェックする
・テキストファイルをロードし文字列を読み込むサンプル
・任意の数の引数を受け取るメソッド

Copyright(C) 2007 アーキテクト360 Allrights reserved.