プロパティのメリット

.NETではクラスにプロパティという変数を呼び出すかのように、値を取得したり代入する仕組みがある。最初は、メソッドを呼び出すのとそれほど変わらないのでは?と感じていたが、使いだすと開発の利便性や読みやすさの点でメリットがあると考える。
オブジェクトに対して、obj.GetXXX();やobj.SetXXX();と書くよりも、obj.XXX = "abc"; data = obj.XXXで取り出せたほうが直観的でわかりやすい。プロパティに入力チェックなどの処理を追加すれば、メソッドでできることはすべてできるので、筆者はなるべくプロパティを使うようにしている。

トラックバック

トラックバックURL:
http://www.apricot-jp.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/314

関連情報

・Microsoft JScript 実行時エラー:オブジェクトを指定してください。
・このログインで要求されたデータベースXXX を開けません。ログインに失敗しました。ASPNET はログインできません
・Logging Application Blockのトラブルシューティング
・IISのログ出力先
・このログインで要求されたデータベースXXX を開けません。ログインに失敗しました。ASPNET はログインできません
・C# 3.5 yieldの読み方
・ASP.NET サーバーサイドのイベント処理の順番
・ASP.NETのWebページでグーグルアドセンスを貼り付ける方法
・IIS メタベースにアクセスできませんでした
・VSSで管理されているプロジェクトは、ファイルの名前の変更や移動は極力行わない方が良い
・Oracle 9.2へOLE DB接続する方法
・単体テストのデータ
・この行は既に別のテーブルに属しています
・データベースのバージョンは 655 なので、開けません。
・証明書ストアでマニフェスト署名用の証明書が見つかりません。
・次のモジュールは最適化を有効にされて、またはデバッグ情報なしでビルドされました
・String.Concatメソッドを使った文字列の連結
・ファイルの存在をチェックする
・テキストファイルをロードし文字列を読み込むサンプル
・任意の数の引数を受け取るメソッド

Copyright(C) 2007 アーキテクト360 Allrights reserved.