Oracle 9.2へOLE DB接続する方法

久しぶりに.NETでOracleへ接続しなければならなくなった。色々手こずったので忘れないように手順をまとめた。下記の手順は、マイクロソフトのOLE DB用プロバイダとオラクルのOralce Provider for OLE DB 9.2を使ったOracle9.2へ接続する手順である。
  1. まず、Oralceクライアントをインストール。インストール中に接続するサーバの情報を入力する箇所があるので、ホスト名、ポート(通常は1521)、SIDを入力する。
  2. 次に、オラクルから9.2用のOralce Provider for OLE DB Version 9.2.0.2.0をダウンロードしてインストールする。
  3. 上記の手順で環境は整ったはずなので、サーバーエクスプローラで接続を確認してみる。接続の追加を選択し、「接続の追加」ダイアログを表示する
  4. データソースを.NET Framework OLE DB用データプロバイダに変更する
  5. OLE DBプロバイダに「Oracle Provider for OLE DB」を指定する。
  6. ここで、Visual Studio 2005に標準で付いているMicrosoft OLE DB Provider for Oracleを使うと、接続の際に下記のエラーが表示されてしまう。標準のOLE DB Provider for Oracleは古いのであろう。
    Oracle クライアントとネットワーク コンポーネントが見つかりません。これらのコンポーネントは
    Oracle Corporation から提供され、Oracle Version 7.3.3 (またはそれ以降) のクライアント ソフトウェアの一部
    としてインストールされます。
    プロバイダは、これらのコンポーネントがインストールされるまで機能しません。
  7. サーバ名またはファイル名には、TNSNAMEを入れる。TNSNAMEはオラクルクライアントをインストールしたフォルダの\ora92\network\ADMIN\tnsname.oraファイルにある文字列で、先頭から最初のピリオドまでの名前である。(通常はSIDとホスト名が合体した名前)
  8. ユーザ名とパスワードを入力し、接続の確認ボタンを押して設定を確認する。

トラックバック

トラックバックURL:
http://www.apricot-jp.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/412

関連情報

・Microsoft JScript 実行時エラー:オブジェクトを指定してください。
・このログインで要求されたデータベースXXX を開けません。ログインに失敗しました。ASPNET はログインできません
・Logging Application Blockのトラブルシューティング
・IISのログ出力先
・このログインで要求されたデータベースXXX を開けません。ログインに失敗しました。ASPNET はログインできません
・C# 3.5 yieldの読み方
・ASP.NET サーバーサイドのイベント処理の順番
・ASP.NETのWebページでグーグルアドセンスを貼り付ける方法
・IIS メタベースにアクセスできませんでした
・VSSで管理されているプロジェクトは、ファイルの名前の変更や移動は極力行わない方が良い
・Oracle 9.2へOLE DB接続する方法
・単体テストのデータ
・この行は既に別のテーブルに属しています
・データベースのバージョンは 655 なので、開けません。
・証明書ストアでマニフェスト署名用の証明書が見つかりません。
・次のモジュールは最適化を有効にされて、またはデバッグ情報なしでビルドされました
・String.Concatメソッドを使った文字列の連結
・ファイルの存在をチェックする
・テキストファイルをロードし文字列を読み込むサンプル
・任意の数の引数を受け取るメソッド

Copyright(C) 2007 アーキテクト360 Allrights reserved.