データベースシステムと業務システムと違い

業務システムのための上流工程入門―要件定義から分析・設計まで」の著者渡辺幸三氏のセミナーを受けた。セミナーではデータベースシステム=業務システムのように勘違いされやすいが、厳密には異なるとのことであった。データベースシステムとは、Accessのようなデータベースを使用してスタンドアローンで動くシステム--家計簿ソフトのようなもの--であり、業務システムとはデータベースを使い、かつ業務(仕事)もモデリングし定義する必要があるものであるとのこと。

業務システムの特徴
  1. データベースが核になっているもの
  2. 社会的文脈を伴うもの(仕事を扱うもの)
  3. 企業に合わせて変化するもの(社会の変化、お客さんの要望の影響を受けるもの)
2つ目、3つ目の特徴があるので、業務システムはデータベースシステム以上に、変化に対応できる設計にしておく必要があると言える。


トラックバック

トラックバックURL:
http://www.apricot-jp.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/328

関連情報

Copyright(C) 2007 アーキテクト360 Allrights reserved.